施工管理の仕事について語ります

施工管理の仕事について語ります

今回施工管理について説明させていただく訳ですがまず施工管理とはどのような仕事かというと、「工事現場で働いている人たちをより安全に、かつ効率良く仕事をまわす」ということが主な仕事内容です。この仕事の簡単な内容として流れとしては基本的に現場での注意点などの説明や補足、その他には現場の視察による判断や助言などが主な具体的な仕事の流れとなっております。

就職に際してはこのような仕事の中でもデスクワークは存在し、そのようなスキルや測量に関する技術を持っていると工科大学や工業大学の卒業などの肩書きがなくても十分採用されるような仕事となっております。他の内容としても施工図の作成にあたる仕事や工事費全体に関わるコストの計算、大手メーカーをクライアントに持つ営業事務に関しての総合的な管理などを受け持つ仕事など名前だけで聞くと非常に現場中心のイメージを抱きがちですがこのように幅広い仕事内容を指す仕事ともなっております。

また業務時間に関しては前述の通りデスクワークでの仕事が意外なことにも多く残業も非常に多い割合である仕事とも言えるでしょう。そのためワードやエクセルの技術などに長けていると基本的にこのような作業などに関しても円滑に進めることができるのでこのような技術は想像以上に求められると意識しておく必要があります。また給料の面ではこのような商業に関して体を使う仕事ではないのですが全く安いという訳ではありません。一般に振り幅は存在しますがそれほど差がみられるような職業ではないと言えるでしょう。

しかしながら残業に関しては多くの場所で不満が出ており勤務環境よりも勤務状況に関して非常に厳しい部分が多いのでデスクワークとはいえ体力と精神力が非常に強い人に向いている職業であると言えるでしょう。また資格に関しては建築施工管理技士という検定が存在し、このような検定の合格者には主任技術者や管理技術士などの端的に言って非常に幅広い区分での活躍への一歩になるといっても過言ではないでしょう。

その中でも一級の建築施工管理技士に関してはほぼすべてといってもいいほどの区分での仕事への対象が存在するのでこのような職業への就職を考えているかたには非常に武器になると言える検定内容でしょう。以上のことから簡単にこの施工管理のという仕事について説明させていただきましたがこの仕事は非常に会社によるといっても過言ではないです。のでこのような職業に就職を考えている人は是非ともこの部分に時間を費やすべきです。

また実際に施工管理の求人サイトに掲載されている情報を見て、実際にもとめられるスキルや、勤務条件も確認していただくことをお勧めいたします。論より証拠!実際の情報を見ていただければ、わたしの説明もご納得いただけると思いますよ。